花粉症の歴史について

///

///

花粉症の歴史

花粉症,歴史

 

花粉症はいつ頃から伝えられ、どのような歴史をたどってきたのでしょうか。

 

花粉症の歴史は意外にも古く、ローマ時代の医師によって花粉症らしい病状の伝承があります。

 

記録には1565年、イタリア医師によって、バラの匂いをかいでくしゃみや頭痛が起こったとする記録があります。

 

また、19世紀初頭のイギリスで、牧草を扱う人々の間に「Hay fever」(日本では枯草熱と訳されます)と呼ばれるアレルギーを思わせる症状があり、後の英国医師ブラックレーの研究でイネ科植物の花粉が原因だということが分かってきました。

 

鼻水・咳などの夏風邪にも見えた「Hay fever」は、1872年にブタクサが原因だと判明しました。

これにより、植物の花粉で体に何らかの影響を受ける病気がある事が確認されたのです。

 

花粉症の名前が確立したのこの時期からで、現在ブラックレーは「花粉症の父」とも言われます。

 

日本では、斎藤洋三はスギ花粉症の発見者ですが、気付くきっかけとなったのは1963年に目や鼻にアレルギーのような症状に見舞われる患者が増えた為とされ、花粉症の歴史はここから始まると考えれています。

 

その後の70年年代は花粉症患者が壮大した年代で、今後も患者数は上昇していくことが心配されます。

 

現在、花粉症に悩む人は非常に多いと思われます。

 

既に、対策と治療は人々の大きな関心事となり、花粉飛散情報などは天気予報などと同じく大切なニュースとなりつつあります。


花粉症サプリメントならこれをお勧め!

花粉症,歴史

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃☆☆☆       花粉対策に【蓮のちから】      ☆☆☆┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  テレビ新聞でも数多く取り上げられている話題の商品

  蓮のちからは、埼玉医科大学の和合治久教授が、『自然の

  ちからで体質改善を』というポリシーのもとで長年研究を

  重ねてきた結果の、集大成として商品化されたものです。

  レンコンと乳酸菌を基に自然食品のみで作られているので

  妊婦の方やご年配の方にも安心してお使いいただけます♪